小児歯科

下之城デンタルクリニックでは、大人の方だけでなく、お子様に対してもできるだけ虫歯にならないような徹底した予防歯科治療を心がけております。もし虫歯になってしまったら、小さいうちに適切に処置をします。お子様が治療を怖がらないよう、子どもとのコミュニケーションを大切にして、必ず治療前に保護者の方にに説明を行います。

子どもの虫歯予防のポイント

虫歯の原因菌を増やさない事

歯磨き

産まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因菌であるミュータンス菌は存在しません。ミュータンス菌はお子さんの乳児から幼児の期間に親から赤ちゃんに感染してしまうと言われています。そうなるとその子のお口には一生ミュータンス菌が住みついてしまいます。このミュータンス菌を増やすことなく、さらにきちんと歯みがきができるようになれば、お子様のお口の中は虫歯になりにくい状態を保つ事ができます。

歯医者は怖くない、楽しいところだろ理解してもらう事

小児歯科

治療は痛くない、怖くない、…ということをお子さんに理解してもらい、治療を進めます。小さなお子さんでも、しっかりとした説明をすれば、それを子どもなりにきちんと理解して、大人と同じように治療することが可能です。

子どもの虫歯予防でする主な処置

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素は歯に塗布することでフルオアパタイトという虫歯に極めてなりにくい結晶を作ることで、虫歯予防に大きな効果があります。更にフッ素入りの歯磨剤の使用などを併用することによって効果が高まります。

フッ素を塗布すれば、その後絶対に虫歯にならないということではありません。塗った後も以前と同様日頃のしっかりした歯磨きを怠らないでください。塗布後は30分間食事は摂らず口をゆすがない様にしてください。効果が減少します。また唾液は吐き出す様にします。

フッ素は半年ごとに1回、計4回塗布するとよいでしょう。定期検診と併せて来院されることをお勧めします。

シーラント(奥歯の溝を埋めるプラスチックのお薬・保険適用)

シーラント

子どもの奥歯の溝は大変虫歯になり易いところです。ここにあらかじめシーラントという特殊な樹脂を詰め、虫歯を防ぎます。シーラントを行ったからといって絶対に虫歯にならないわけではありません。歯と歯の間にできる虫歯には効果がありませんので、フッ素塗布やフロスの使用をお勧めします。

行う時期としては乳児が生え揃う後おおよそ2才半以降と、第一大臼歯が生えてくる6才以降が目安です。シーラントは時折欠けたり取れたりしてしまうことがありますので年2回位、検診と併せて来院されることをお勧めします。

子どもの仕上げみがき

仕上げみがき

子どもが一人で上手に歯磨きをできるようになるまでは、ご自宅での保護者の方の仕上げみがきが必要です。歯と歯のすき間、歯の裏側、奥歯のみがきにくい所などは、丁寧にみがいてあげてください。毎日の「仕上げみがき」がお子さんの歯を虫歯から守ります。

プールブランシュ 下之城デンタルクリニック

027-388-8340
火水金: 9:30~12:30 / 14:30~20:00
土曜日: 9:30~12:30 / 13:30~17:00
日曜日: 9:30~12:30 / 13:30~16:30

  • アクセス
  • お問合わせ

歯でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

JR高崎線「高崎駅」・「倉賀野駅」から車8分
上信電鉄線「佐野のわたし駅」から車で7分

〒370-0854 群馬県高崎市下之城町863-6

当クリニックでは皆さま各々に丁寧なご説明をする時間を大切にしており、完全予約制とさせて頂いております。しかし、その日のうちに「痛みを取る、軽減する応急処置も歯科医療のあるべき大切な姿勢」とのコンセプトから急患も随時受付しております。お気軽にご相談下さい。

診療時間

診療カレンダー

=休診日です ※12/3(日)午後から休診・12/9(土)午後から休診